いくつになっても少女フェイス。40代、50代向けの美容メディア。

menu

アンチエイジング・若返りのことなら『少女フェイス(FACE)』

顔色が悪い人必見!顔のくすみにおすすめの食べ物のご紹介。

どんなにメイクをしても気になるのが肌の「くすみ」。特に不規則な生活を続けたり、肌の乾燥を放置していると、ふと鏡を見るとお肌が暗くなってる…なんてことも多いですよね。ファンデーションで隠そうにも、白浮きしてしまったり、ベースメイクのノリが悪くなってしまったり。

そんな時はとにかく隠そうとするのではなく、原因と向き合い、くすみを解消してあげるのが一番。特に美肌の基本となるのは食生活ですので、くすみに対して効果のある食べ物を知り、毎日の食生活に取り入れることで、透き通るような明るい肌を目指しましょう!

くすみの原因とは?

くすみと言ってもその原因はざっくり4つに分けられます。肌がカサつき、弾力が無くなっている人は「乾燥」が原因。肌の表明が冷たく、肌が青黒い人は「血行不良」。肌の表面がゴワつき、テカりやすい人は「古い角質の蓄積」。最後に紫外線を浴びる機会が多い人は「日焼け」が原因です。原因は一つだけではなく、いくつかの原因が複合してくすみとなって現れていることも多いですが、まずはそれぞれの原因ごとの効果のある食べ物をご紹介します。

くすみにおすすめの食べ物について

1.「乾燥」タイプ

まず「乾燥」タイプの人はかぼちゃ、にんじん、ほうれん草がおすすめ。もしくは鶏・豚・牛のレバー、さんま、牛乳、アーモンドなど。これらの食物はビタミンA、ビタミンB2・B6、ビタミンEのいずれかを含んでいます。どれも肌に潤いをもたらし、肌にハリや弾力を与える成分と言われていますので、乾燥肌の方にはピッタリなのです。

2.「血行不良」タイプ

次に「血行不良」タイプの人はずばり血行を促す食物を摂取するようにしましょう。特にビタミンE、鉄分、ビタミンCを含まれている食べ物、例えばアーモンド・たらこ(ビタミンE)、豚・鶏レバー(鉄分)、ブロッコリー・オレンジ・いちご(ビタミンC)といったものが良いでしょう。

3.「古い角質の蓄積」タイプ

次に「古い角質の蓄積」タイプの人は新しい肌が生成されにくくなっている状態ですので、洗顔などで古い角質を取り除きながら、肌の生成に役立つたんぱく質やコラーゲン、ビタミンCの含まれているものを摂取することが重要です。まぐろの赤身や大豆食品(たんぱく質)、鶏手羽先や豚バラ肉(コラーゲン)、オレンジやキウイ(ビタミンC)などがおすすめです。

4.「日焼け」タイプ

最後に「日焼け」タイプの人は、美白化粧品にも配合される美白成分のビタミンCや、抗酸化効果のあるポリフェノールが含まれているものを摂取すると良いと言われています。ビタミンCの食物はいくつかご紹介しましたが、ポリフェノールが含まれている食べ物としては赤ワインがとても有名ですよね。また、ブルーベリーや茄子にも多く含まれているのでおすすめです。

おわりに

とはいえ、食事の基本はバランスです。くすみに効くからといってその食べ物だけ食べるのではなく、様々な食品とバランスをとりながら、美味しくくすみケアをしていきましょう。

The following two tabs change content below.

少女フェイス編集部

美容に関する情報や、アンチエイジングについて情報発信していきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年10月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031