いくつになっても少女フェイス。40代、50代向けの美容メディア。

menu

アンチエイジング・若返りのことなら『少女フェイス(FACE)』

【歯が黄色い人必見】黄ばんだ歯を白くする方法まとめ。

紅茶やコーヒー、チョコレートや色の濃い食べ物などを口にすると、どうしても気になるのが「歯の黄ばみ」。しっかり歯磨きをしているつもりでも、ふと鏡を見ると黄色くなっている時もありますよね。特に男性女性問わず、タバコを吸う人なら更に気になるはず。

また、お酒好きで赤ワインをよく飲む方も歯が黄色くなりやすいと言います。そこで黄ばんだ歯を白くする為の方法をいくつかご紹介します。

まずは最も楽でお金もかからない方法!

それは「研磨剤入りの歯磨き粉」を使うこと。黄ばみの正体は歯の表面に付着した汚れなのですから、少しであれば普段の歯磨きで取り除くことができます。しかし頑固な汚れになると、歯ブラシの力では敵いません。そんな時に使用するのが研磨剤入りの歯磨き粉です。研磨剤はジャリジャリとした粒になっており、この細かい粒が歯の表面の汚れを削り取り、歯本来の白さを表面に出すことができるのです。

ただし、使い過ぎないように注意しなければいけません。先程説明したように、研磨剤は粒状になっており、歯の表面を削ることで汚れを取り除きます。逆に言えば、その粒が歯を傷つけてしまう可能性もあるのです。特に、毎日使用し、ゴシゴシと強く磨いてしまうと、かえって歯を痛めてしまうことも。本当に歯の黄ばみが気になった時だけ使用するようにして、毎日の使用は避けましょう。

海外で販売されているホワイトニング剤もおすすめ!

次に有名な方法といえば、海外で販売されている歯のホワイトニング剤があります。海外旅行のお土産にされる方も多いようですね。日本では歯科医師でなければ処方ができない、歯を漂白する成分が入っているものが多いので、効果を実感される人も多く、口コミで人気が広がっているようです。ただし、こちらも注意点があります。それは日本人の歯に合わせて作ったものではないということ。硬くて厚い欧米人の歯には合った商品でも、日本人が使うと歯を痛めてしまう可能性があります。使用する際は少量から、慎重に行うようにしましょう。

安全なのは、歯科クリニックで行うホワイトニング!

最後に最も安全な方法としてご紹介するのが歯科クリニックで行うホワイトニングです。歯科医師や歯科衛生士といった歯のプロフェッショナルが担当しますので、万が一のトラブルが起きた時も適切な処置をとってくれますし、ホワイトニング以外の歯のトラブルも一緒に対応してもらうことができます。また、自分でホワイトニングをした時にありがちな不自然な程に白くなってしまう、といったトラブルも避け、自分に最も合った色に調節してくれるのです。

おわりに

口元はとても目に付くところですから、歯が汚れていてはどんなに身なりに気を使っても、第一印象は台無しですよね。大事な商談や大切な人とのデートの前は、ぜひ歯のホワイトニングをして、笑顔に自信をつけましょう!

The following two tabs change content below.

少女フェイス編集部

美容に関する情報や、アンチエイジングについて情報発信していきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年10月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031