いくつになっても少女フェイス。40代、50代向けの美容メディア。

menu

アンチエイジング・若返りのことなら『少女フェイス(FACE)』

何歳になってもツルツルの美肌を保つために意識すること。

皆さん、こんばんは。いくつになってもツルツルの美肌を保ちたいですよね。そこで今日は美肌になるためのポイントを意識してみましょう。

1.ハリのある肌のために大切な「タンパク質」をバランスよく

ハリのある肌のために大切な要素でもある「タンパク質」。外から与える栄養よりも、食事で摂る栄養が美肌には重要です。

体を作り、維持していくうえで欠かせないのが「タンパク質」であるというのはよく知られていますが、お肌のハリ・弾力や髪のパサつき、爪が割れやすいなどの悩みを持つ方々はこのタンパク質を積極的に摂ることが大切であるということはご存知でしょうか。

タンパク質は髪・皮膚・爪の大切な原料になるもので、間違った食事制限などでタンパク質が不足してしまうと皮膚や髪などの健康を保つことが難しくなってしまいます。タンパク質不足を防ぐためにも、手軽に摂れる大豆製品などの植物性タンパク質や、肉・魚などの動物性タンパク質を上手に組み合わせてバランスの取れた食生活を心がけましょう。

2.抗酸化作用をもつビタミンで肌老化にブレーキを!

美肌作りに欠かせないものといえばまずはやはりビタミン類です。細胞の働きを活発化させ、新陳代謝を良くするという効果がありますので積極的に摂りたいですね。

ニキビや肌荒れが気になる場合には青魚やレバー、納豆、きのこ類などに多く含まれるビタミンB群を意識して摂るようにしましょう。また、シミやしわ、たるみなど、肌の老化のもととなる活性酵素を抑制する働きのあるビタミンCとE、β-カロテン(ビタミンA)も取り入れたいところです。

ビタミンCはブロッコリーやカリフラワー、芽キャベツ、パセリなどに、またビタミンEはゴマ、いわし、ししゃも、アーモンドなどに多く含まれ、β-カロテンはニンジン、かぼちゃ、ほうれん草、小松菜などに多く含まれます。さらに、トマトなどに含まれるリコピンは抗酸化力に優れ、シミの元となるメラニンの生成を抑える働きがあります。

これらの野菜を日々バランスよく摂っていきたいものですが、生野菜では食べられる量にも限りがありますので、蒸すなど調理法にも工夫をしてたくさん食べられるようにするとなお良いでしょう。

おわりに

美肌を保つためには、内面からのケアが重要です。今回ご紹介したことを意識して美肌を目指してみてくださいね。

The following two tabs change content below.

少女フェイス編集部

美容に関する情報や、アンチエイジングについて情報発信していきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年10月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031